223's NOW


17/08/10 instagramはじめました

2017/08/09 9:54 に 223雑貨店 が投稿

「商品カタログ」として使っていただけるかな、と思いインスタに登録してみました。

https://www.instagram.com/223zakkashop/

まだまだ写真のアップはこれから随時!ですがぜひ見てみてください。
基本的には現在facebook、Twitterに上げているものと同じ写真をまとめたものです。

[ライブログ]17/01/10 ASIAN KANG-FU GENERATION 20th Anniversary Live @日本武道館

2017/01/11 10:53 に 223雑貨店 が投稿   [ 2017/01/15 8:43 に更新しました ]

ASIAN KANG-FU GENERATION 20th Anniversary Live
2017年1月10日(火)
@日本武道館



幸運にも舞い込んできたチケットにて。
2階の、ステージ真正面!!バー付きの最高席だった。

「アジカンの20年をほとんど知らないからなぁ」と思っていたが、あった!自分にも「ソルファ時代」が!曲を聴いたら、当時のバイト先の先輩の名前や休憩室の風景、学校のラウンジ…がブワーと思い出されて、すごい体験だった。一瞬タイムスリップしていた。
アジカンだ、と意識せずに、でもリアルタイムで聴いていたんだなぁ。案外寄り添ってくれていたよ20年。

同じく思い出したアジカンの第一印象は「カンフーっぽい曲ではないんだな」。

<セットリスト>
遥か彼方
センスレス
アンダースタンド
アフターダーク
夜のコール
粉雪
マーチングバンド
踵で愛を打ち鳴らせ
今を生きて
君という花
E
スタンダード
ブラッドサーキュレーター
月光
振動覚
リライト
ループ&ループ
君の街まで
マイワールド
夜の向こう
ラストシーン
サイレン
Re:Re:
24時
真夜中と真昼の夢
海岸通り
転がる岩、君に朝が降る(ゴッチさん弾き語り)(「実は好きなんですよねー弾き語り。」)
Wonder Future(ゴッチさん弾き語り)
タイムトラベラー(3人で。ボーカルはギターさん)(「声たっか!」)
嘘とワンダーランド(3人で。ボーカルはギターさん)
さよならロストジェネレーション
新世紀のラブソング


ほとんどMCなしの畳みかけるようなセットリスト。
映像とのコラボレーションもとてもよかった!背景が変わるだけで曲に色がつく感じ。あと「こういう映像技術がない時代にやったら大道具セットですごくお金がかかったんだろうなぁ」というものも映すだけで叶ってしまう2017(実感)。
武道館はステージが小さいから4人組にはぴったりだなぁ。Twitterがおもしろいだけのおじさんではなかった。

ワンマンの大きいライブが久しぶりだったので、同じところでお客さんの腕が挙がる景色や手拍子のきれいさにいきなり感極まってしまった。

沁みて、そして刺さった。歌詞など。
「さよならロストジェネレーション」。とにかくずるいストリングスと、星のようだったケータイのバックライト。言葉にしたら月並みだけどめっちゃ感動した。感動を久しぶりにした。幸福だ。



今日分かったこと。いろいろ音楽に対して思うことが変わってきた最近の自分が聴くべきものは、アジカンでした。アジカンでしたかー!好きになるときが今きた!20年続けていてくれてありがたい!!!CDを買うぞ。

17/01/04 店長の正月2017

2017/01/04 9:42 に 223雑貨店 が投稿


ジグソーパズルとかプラモ的な、何か残る物を完成させたい、できればSWで。と抱負を抱き3日かけて作りました。

1、「ローグ・ワン」を観た帰りに歌舞伎町のドンキで買いました
2、片足1時間
3、なぜか台座に収まらない
 
同じシリーズのミレニアムファルコンも欲しかったのですが、もうあと1年くらいは細かい作業したくありません。

12月の店休日

2016/12/07 8:28 に 223雑貨店 が投稿   [ 2016/12/14 8:12 に更新しました ]

【2016年12月の店休日】
12/3(土)19:00までの営業
12/4(日)15:00からの営業

12/6(火)
12/13(火)
12/30(金)~2017/1/3(火)

☆12/20(火)、12/27(火)は営業します!
年内最終営業日:12/29(木)
☆2017年営業スタート:1/4(水)

16/12/01 素敵な「父親ポロ」

2016/12/07 8:24 に 223雑貨店 が投稿

父の日に223雑貨店オリジナルで作った「父親ポロ」を、素敵なセットでオーダーいただきました。

「I AM A FATHER!」
「I AM A MOTHER!」

おそろいの刺繍糸でMサイズ&Sサイズのめおとポロシャツ。
ナイスアイデアでご注文いただいて、私も完成が楽しみでした!できあがりもすばらしい!

色、サイズを選んで3500円でオーダーできます。刺繍の内容、おもしろいものを思いついたらぜひ気軽にご相談くださいませ!

16/11/20 修学旅行のおみやげ

2016/11/20 9:56 に 223雑貨店 が投稿

いつも来てくださるお客さまから「修学旅行のおみやげ」をいただきました…しゅ、しゅうがくりょこうのおみやげ!?!?



修学旅行がアメリカだったそうです!ぎゃー!嬉しすぎてすごい汗をかいた…よく見たらローグ・ワンのやつ…!!!ぎゃー!
SWも嬉しいし、それに増して旅行中なのに223雑貨店のことを思い出してくださったことが感激すぎて泣けてきます。こんな…持って帰ってくるのもかさばるのに。

もしかしたら当店はすごくいい店なのかもしれない。
いいお客さんに恵まれすぎている。

16/10/27 「ダリ展」へ行ってきました

2016/10/31 12:48 に 223雑貨店 が投稿


ハロー、ダリおじさん。横浜美術館の常設展ぶり。
営業前に早起きして、国立新美術館の「ダリ展」へ行ってきました。六本木が近くてよかった!

たっぷりのボリュームで観たダリは何だか「隙がないな」という感じ。
絵じゃないみたい。実物に限りなく近く、目を寄せても絵の具のあとが見えないくらい。展示会キャッチコピーが「完璧を恐れるな。」だったのであながち突拍子もない気持ちではないのでしょう。

「不思議の国のアリス」の挿絵に描いたものが世界観ぴったりすぎてとてもよかった。
あとお風呂の絵も好きだった。お風呂場が舞台なせいか水玉でできていた。

空をきれいに描く人の絵が好きなんだろうな。
奥行き、と光、の人だなと思った。



グランドハイアットの前に24H営業の中華居酒屋があって480円で朝食が食べられます。
ワンタンと揚げパンのセット。うまかった。
広い店内にお客さんが全然いなくてガラガラで、いい天気だったのでテラス席が全開になっていて気持ちよかった。外国にいるような気分になった。


ダリ展行く気まんまんでいたら当店と同じ火曜定休で、落ち込んでいたところにどこから手に入れたのか無料招待券をいただいた!!これは、と決心して行ってきました。少し急ぎ足でしたが、観られて本当によかったです!

16/10/04 [ライブログ]奥田民生×NICO Touches the Walls

2016/10/05 11:26 に 223雑貨店 が投稿

10月4日(火)
J-WAVE主催「弱虫のロック論2
奥田民生/NICO Touches the Walls
豊洲PIT

<奥田民生 セットリスト>
まさかの民生さん始まり!全編ギター1本弾き語りスタイルで。
野ばら
解体ショー
花になる
たったった
MOTHER
息するように
ロボッチ
The STANDARD
メリハリ鳥(会場でのリクエスト)
イージュー☆ライダー(ほとんどお客さんに歌わせてた)
風は西から

<NICO Touches the Walls セットリスト>
ローハイド
anytime, anywhere
BAD ROBOT
梨の花
ページ1
手をたたけ(民生さんと!)
ラーメン食べたい(民生さんと!)
マシ・マシ
天地ガエシ
THE BUNGY

<みんなでアンコール>
息子

たまたまチケットをいただいたりしなければ、このすごいライブを観ることはなかったのだなぁ。

ファンがかぶらないだろう2マンで、やっぱり当日券も出てたし「この組み合わせは企画した人のただのわがままでは」と思っていたのが、もう終わってみたら全然!!!すいませんでした!!!
これを見せたくて組んだのかな、という驚きの好相性だった!!!

奥田民生さんとNICO Touches the Wallsは、声も曲も演奏もぴったり合って、それぞれのワンマンツアーファイナルでもこんなに満足しなかっただろうというくらい良かった!
NICOの曲に民生さんが参加するという意外すぎる展開が、あんなにハマるなんて…2ボーカルのハモリも最高。歌、ギター、うまぁ!!!

民生さんが抜けたあと、NICOのボーカルさんが「はぁ…」と魂抜けていたのがすごく、分かる!!!演奏にものすごいこもっていたから。(相乗効果で両者とも。)
本当に贅沢だった…。はぁ…

声的にもっとポップス寄りだと思っていたNICO Touches the Wallsがめっちゃ渋くてめっちゃかっこいいバンドだということが分かったし、奥田民生さんの曲の良さ、詩の深さも改めて分かったし、良かったーーーー!!!めっちゃいいライブだったーーーー!!!

夕方の豊洲。

会場の「豊洲PIT」はずいぶん新しいライブハウスのようで、ぴかぴかだし見やすく、一番後ろでもステージに近く感じるいい規模感だった。

ウェブサイトに行って初めて分かった熱い思い:
一般社団法人チームスマイルは東日本大震災における被災地復興支援活動を継続するために、その活動拠点と一過性のチャリティイベントに終わらせないための経済的な基盤が必要であると考え、東北三県と東京に、新たな4つのシアターの開設を目指すこととしました。
シアターの名前は『チームスマイル・PIT(ピット)』。『PIT』は、“Power Into Tohoku!”から名付けました。
『豊洲PIT』によって生み出された収益金は、東北三県の『PIT』の開設・運営と、エンタテインメントを通じた復興支援活動のために、その全額が活用されます。

あと豊洲!!なんて気持ちいい街なんだ!!駅前のデイリー品揃えが素晴らしすぎ!!
最高の休日でした。

夜の豊洲。



あんなに(自分が)盛り上がるとは思わず買い物とかしていた開演前の自分よ。。。袋がやぶけなくてよかった。

16/09/22 4周年!

2016/09/21 15:26 に 223雑貨店 が投稿

9月22日は何かの日だった気がする… あ、秋分の日。ではなく?

223雑貨店の誕生日でした!4周年おめでとう!

4年前のオープン当日も雨でした。
「傘立て」のことなど思いもよらず、店を開けてから困り切っていた当店にお隣りの床屋さんが傘立てをくれたのでした。今も使っているグリーンのものです。

ここのところ店内イベントをあまり企画できていなくて、少々おとなしい223雑貨店ですが、アイデアを溜めながら細く長く続けていきたいと思います。
これからも、足を運んでいただけたらありがたいです。

16/08/16 [ライブログ]THE BAWDIES / GLIM SPANKY

2016/08/17 11:30 に 223雑貨店 が投稿

2016年8月16日(火)
@恵比寿 リキッドルーム

上野の「ポール・スミス展」から山手線で30分。
好きなバンドが2つ、好きな会場で、店長の休日に対バンするとかこりゃ行かない理由がないわーと鼻息荒く参加してきた。

まずGLIM SPANKY。
次がTHE BAWDIES。
アンコールで2組一緒にレイ・チャールズ!!!

私がリキッドルームを好きなのは設備とか立地ではなく「今までここで見たライブが全部、異様にすごく良かった」という理由なのだけど、その無敗神話を裏切ることないグレイトな内容だった。


■GLIM SPANKY
アルバム「NEXT ONE」がめちゃくちゃ良くて、発売から1か月、これしか聴いてないくらい。
CDだとやたらきれいにまとまっているけど生だともっとザラザラしているのでは!?と勝手に想像して最近一番ライブを見たかったバンド。バンド?ツインギターの2人組。
ライブでもCDの印象そのままなクリアな歌&演奏であった。

MCほとんどなしでばんばん曲をやってくれる、好きなタイプのライブ。
ギターも一緒に歌っているみたいで、ツインボーカルに感じた。
ROYさんのモノマネ極めてまた対バンやってほしい。

で、終わろうとしている最後に演った「大人になったら」が、もう忘れられないくらい良かった。
好きな曲ということは置いといて「こういうのが聴きたかった!!!」という時間。かなりの密度の音がばーんとぶつかってきてそのまま包まれて沁みこんでくる、みたいな(イメージ:巨大なゼリーの玉)
これが聴けただけで、今日来たかいあった と思った。

この時点では。


■THE BAWDIES
たぶんライブで見るのが4~5年ぶりくらい。あまりにも…進化していた。
まだ1曲も演奏していない段階からもう楽しかった!
びっくりしたし感銘を受けたというか。タメがかっこいいってなんて励まされることなんだろう。

実はあと2年で店を閉めようと思っていたのだけど(ここだけの話)、今日のBAWDIESを見てやめるのをやめた。かっこ悪くてもとにかく続けます。それに、だれかを感動させたいと思ったら続けること+進化することも必要なんだなと思った。

ちょっと前までBAWDIESは人にすすめてもあまり気に入ってもらえることがなくて、ライブを一緒に見ても反応がいまいちで、まぁそういう音楽だよなと思っていた。(特にこのジャンルが好きな人でなければ。)
今のBAWDIESのライブは、だれにでも推せる。
音楽自体は変えずに、演奏の息ぴったりさで魅せて、+エンターテイメントで「だれでも楽しい」を実現できたのすごいと思う!

本当満足。
全部出し切った。
そういえばお客さんも進化してた。
あんなに気持ちいい「わっしょい」がこれまであっただろうか…



BAWDIESを見たあと振り返るとGLIM SPANKYはこれからツアー出てまたアルバム出してどんどん深まっていくんだろうなと思う。
バンドってワインっぽいなー
聴く側の自分が年を重ねたから、この体に入れるものも深度が深いものをおいしく感じるようになってきたのかもしれない。

1-10 of 239

Comments